2017年09月18日

起訴されました。

先日のブログに書いた、残忍な事件。
http://yamami999animallove.seesaa.net/article/453345035.html

容疑者が起訴されたそうです。
詳細はこちらから >>

もうこのブログで残忍な事件を書かなくて良い世の中に
なってほしいです。
posted by yamami_love at 14:48| Comment(0) | ボランティア(署名) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

署名…絶対に許してはいけない事。

先日、目を覆いたくなる事件を杉本彩姉さんのブログで
知りました。
猫を虐待して殺してしまった事件です。

こういう犯罪は重罪にしないと、動物で飽き足らず
人間(子供やお年寄りなどの弱者)に向けられます。

過去に起きた、連続幼児殺害事件の犯人もきっかけは
動物虐待で殺害だと言われています。

懲役刑を望む署名をしていました。
賛同して下さる方は下記からお願いします。

こちらをクリックしてください >>

posted by yamami_love at 19:29| Comment(0) | ボランティア(署名) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

やり直しが出来ないから…

new_muku_01.jpg

ムクの葬儀?が終わった後、本当に後悔した
出来事がありました。

我が家の愛犬メル(チワワ 男の子)を亡くした時
ご近所さんに同じ年代のワンコ友達がいたので、
人間と同じように葬儀をしてくれる静岡市のペット霊園を
教えて貰いお願いしました。

人間と同じようにお経をあげていただき、本当に良くして
くださいました。
悲しみの中で、メルを失った事で、当日きっと取り乱すのでは?
と自分自身を心配しましたが、大丈夫でした。
http://yamami999animallove.seesaa.net/article/450769556.html

我が家の初代で飼っていたまっくん(mix 男の子)が
亡くなった時は、市役所でしかお願いするところがなくて…
残念ながらお骨は手元に残っていません。
http://yamami999animallove.seesaa.net/article/72764981.html

そんな中、叔父の愛犬ムクの葬儀場所は、どこにしようと
いう話になりました。
http://yamami999animallove.seesaa.net/article/453002223.html

叔父は一人暮らしで愛犬との生活だったので、相棒を亡くした
悲しみからこれからの事を考えられなかったので、叔父に頼まれて
火葬してくれるところを探しました。

叔父の自宅は島田市にありましたが、私達はメルの葬儀をした
静岡市での霊園を勧めましたが、叔父がもう少し近場で…と
いう話になり、叔父が我が家に遊びにくる道中で見かける
ペット葬儀の看板が記憶に残っていると言うので、調べてみました。

看板は、藤枝市にありましたが、実際は岡部の山奥でした。
叔父はメルと同様にお骨を持って帰りたいので、個別火葬を
希望でした。

看板の霊園に問い合わせたところ、パンフレットにも明記されてた
通り、個別火葬をしているという事でお願いしました。

その後、ホームページを観たりや口コミが1件入っていて、良かったので
安心していました。

朝一番に予約を入れて、出かけてみると…
雑草が生え放題で、ホームページとは違う場所と思えてしまうような
正直、汚くて寂しい場所でした。
まだ叔父達が到着していなかったので、キャンセル代を払っても
妹がこれでは、ムクが可哀想だとメルをお願いしたペット霊園に
予約を確認をすると当日、午前最後の時間が空いていたので
仮予約をして、こちらへ向かっている叔父に連絡をしたのですが
どんなに汚くても、お骨を持って帰るし、その霊園には置いて
行かなから大丈夫とそのままお願いすることに。

行ってみて驚いたのは、火葬の間の待合室がない事。
車の中で待ってもらうか、近くの公園を教えてもらいました。

暑い日だったので、近くの公園で時間を潰すことに…
なんとなく、不安がよぎりました。
それは、勝手に骨壺に骨を入れてしまうのでは?という事。
指定された時間より早めに霊園に到着したら…
不安通り、ムクはすでに骨壺に入れてありました。
私達一同、呆れてしまいました。

料金の支払いの時に叔父に立ち合って、霊園の園長に質問して
みました。
「指定時間よりも、私達早く到着しましたが、予定よりも火葬が
 早かったのですね?」
「そんな事ないですよ。いつも通りです。」の言葉に愕然としました。

元々、橋渡しなんていうのは、霊園側は頭になかったのです。
個別火葬をお願いした意味が全然、解っていないですよね!
しかも、火葬料金は他の霊園と同じ。

叔父はたとえ霊園が汚くても、橋渡しとお骨を自宅へ持って帰れたら
何も問題はないと思っていたのです。
怒りがこみ上げて来ましたが、お悔やみ事なので、ぐっと我慢しました。

予約の時点で、確認しなかったのが悪いかもしれませんが
こういう事は、やり直しがきかないので、チラシやホームページには
絶対に明記するべきです。
待合室がないことも。
ペットを何匹も飼った事のある人なら、ちゃんと聞くかもしれませんが
私達のように初めて経験する人も多いかもしれません。

我が家の初代のまっくん(mix 男の子)を飼っていた時代とは、
大きく変わり今は、ペットと言っても大切な家族として、飼われて
いる子達がたくさんいます。

メルの時は、橋渡しをさせて貰えたので、当然そうだと思っていました。
何故、予約の時に橋渡しが出来るか聞かなかったのだろう…
何故、実際に現場に行かなかったのだろう…
と今も自分を責め続けています。

ムク、叔父さんごめんなさい。
posted by yamami_love at 16:01| Comment(0) | メル日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする