2012年06月14日

署名…意見を届けよう!殺処分予定の静岡県南伊豆の台湾猿の件

かわいい 転載希望 かわいい
****************************************
追加で知った事。
2012年6月22日の朝日新聞の朝刊に台湾猿たちが
7月まで処分されると掲載されていたそうです。

声を届けましょう!
殺処分実行直接担当部署
0486-00-0817(担当:丸山様・小田島様)

環境省自然環境局野生生物課
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=15375
環境省 外来生物対策室
(直通:03-5521-8344)(代表:03-3581-3351)
室長:関根 (内:6980)
室長補佐:東岡 (内:6983)
担当:串田 (内:6982)
環境省:03-5521-8200(代表? 担当東岡様)

親会社は…
加森観光
https://www.kamori-resort.net/inquiry/kamorikanko/
Fax.011(210)0055
Tel.011(222)3088(代)
北海道札幌市中央区北4条西4丁目1番地 加森ビル3

****************************************
今日、知ったこと。
私が住んでいる静岡県で起きた理不尽な話です。

2012年6月3日
TBSテレビ 噂の!東京マガジン『噂の現場』で放送された
いったいどうなる?南伊豆サル島のサルたち という内容。
http://www.tbs.co.jp/uwasa/genba/20120603.html

地元有力者から観光目玉として連れてこられた猿たちが、
外来生物ということで処分されようとしている、ということです。

私達と同じように心臓が動いている命をどうして簡単に
消せるのでしょうか?
自然に近い状態で飼育している動物園などに相談は
したのでしょうか?
サル達の故郷の台湾へ帰れるような事を考えたのでしょうか?
人間の身勝手な都合の犠牲になる動物をなくして欲しいです。

詳細内容は、アニマルライツセンターのHPをご覧ください >>
http://www.arcj.info/issue/yasei/detail/oone.html

噂の!東京マガジン「噂の現場」では、サル達が処分される事が
ないように、いい妙案があったら番組へ寄せてほしいとのことです。

ぜひ良い案がありましたら、投稿 メモ をお願いします。

TBSテレビ 噂の!東京マガジン『噂の現場』
くちこみメールへの投稿はこちらから >>
http://www.tbs.co.jp/uwasa/mail/

殺処分を含めて、サルたちの今後を決定出来るのは…
ビル 伊豆クルーズ
〒415-0015
静岡県下田市外ヶ岡19
TEL:0558-22-1151
FAX:0558-22-9291
http://izu-kamori.jp/izu-cruise/

どの国よりも、命が何よりも大切に考えられるのは
我が国、日本だと思うから…

posted by yamami_love at 10:44| Comment(3) | TrackBack(0) | ボランティア(署名) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
商売目的で連れて来られた台湾猿は、何も無い岩ばかりの島に放置され、時々船から投げられた餌を頼りに今まで生きて来ました。特定外来種だからと言って、伊豆クルーズ、親会社の加森観光が殺処分を決定しました、私はこの猿達が可哀想でたまりません。生き残ったわずか9頭を何とか助けたいです。この猿達を強く抱き締めてあげたい気持ちです。助けるのは私達しか居ません。署名をしたい程です。罪の無い台湾猿を何とか助けましょう。どこか飼って頂ける動物園は名乗りを上げて欲しいです。きっと猿達の命を救えば、その動物園は救世主として、話題を呼ぶと思います。
Posted by hi-chan at 2012年06月19日 21:10
hi-chan さんへ

コメント有難うございます。
本当になんとか助けてあげたいです。
Posted by yamami at 2012年06月25日 15:19
既に伊豆クルーズは殺処分を止める事なく、大根島に罠をしかけて捕獲に動いてます。6頭から更に減少してるらしいです。ハッキリ申すと伊豆クルーズは動物大量殺人をしたのでないかと思います。この台湾猿は外来生物と規制される前から飼っていた生き物に限り国に許可を貰う事が出来そのまま飼い続ける事が出来ますし、譲渡も一定の個体数を維持すればそれも可能です。寄付を募ったり、その努力もせず故意に餓死させたり、殺処分をするなんて許せないです。台湾猿は隔離された無人島で生息している為生態系を壊す事もないです。外来生物だから防除と言うのは伊豆クルーズの猿の殺処分は明らかに違反してます。無理矢理に連れて来て、何も無い島に放置され挙げ句に殺処分、悲劇の台湾猿ですよね。この事件を機に国は責任を取れない業者には二度と商業用に生き物を飼う事を許可すべきでは有りません。こんな理不尽な事が罷り通る世の中にしてはいけません。断固抗議します。
Posted by hi-chan at 2012年06月28日 09:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック